しなやかに受けとめる

婦人の友という雑誌の4月号の紹介文が、目にとまりました。

「一人ひとりが、もう少しまわりの人に寛容になり、物事をしなやかに受けとめる心をもてたら・・・。」
まさに私自身も、そうできなくなっていて、苦しいんだって気づきました。

四月半ば私は、子育て時代の友人と山口で再会しました。
一緒に、桜を見、うぐいすの声を聞きました。
彼女は10歳年上で、寛容さとしなやかさのお手本のような人。
私が自分の子のことしか見えてなかった時代に、他の子ども達の幸せまで願っていた人。
子育て広場をしようと思ったとき、心に浮かんだ人でした。
再会できたのは、亡くなった兄のおかげ。お兄さん、ありがとう。

この一か月は、やっぱり大変でした。
疲れてなんかいないと思ってたけど、鼻風邪をひき、転んで、ねんざしました。
素直に疲れたと思うことにします。
今年は「春ばて」してる方が多いですね。皆さまもご自愛ください。
スポンサーサイト
     

きゅうりぐさ

きゅうりぐさです。わかりにくいのですが、写真左上に、薄青紫の花。
20170424174606459.jpg
娘が教えてくれて、その名を知りました。
葉っぱをもむと、きゅうりのような匂いがするらしい。
忘れな草を小さく小さくしたような・・・
立ち止まって良く見ないと老眼には見えない。(笑)
スマホでは、うまく写せない。
でも、とても こころ惹かれる草。

いつのまにか、娘の方が、草の名も鳥の名も詳しくなりました。
お孫ちゃんもプレ幼稚園が始まり、新しい世界へ。
ばあちゃんも、これからは、出番が減るでしょう。それも良し。
きゅうりぐさのように、目立たず控えめに存在したいな。
可愛げのない自分にうんざりする今日この頃です。
少し変わりたいな。変われるかな。
     

遅い桜その後

先日、やむをえない事情で、公園で一人オカリナの練習をしました。

公園のグランドには、ゲートボールを楽しむ方、遊具には、走り回る子ども達、

ベンチには、施設から散歩に来られた方々・・・
想定以上のにぎわいでしたが、思いきって吹きました。

♪はるがきた ♪めだかの学校 ♪春の小川・・・
そしたら、小学一年生だという子ども達が「上手やね」とよってきて
♪ふるさと を吹いたら 「知ってる!知ってる!」と。
そして男の子が、「これあげる!」と桜の花をくれました。
20170415225409205.jpg 

照れくさかったけど、嬉しかった。
緊張の日々が続いていたので、救われた気がしました。
夫の兄が亡くなりました。
桜も散り始め、兄を見送ってくれているようでした。
遅く長く咲いた今年の桜。
皆さまは、どんな気持ちでながめられたでしょうか。
     

遅い桜

四月の「詩絵書」は、今月も金子みすゞさんの詩を書きました。
言葉を交わさなくても 仲直りができるっていいな。

今年は桜が遅くてなんだか不安な気持ちでした。
桜はやっと咲いたけど、霧や雨の日が続き、やっぱり不安な気持ちです。
普段忘れてしまいがちだけど、人生、いつお別れが来るかもしれない。
人生の最期に、かける言葉をさがしています。
「出会えてよかったです。ありがとう。」かな・・・

新年度が始まりました。良い出会いを。
     

こけても平気!

お孫ちゃんは、走ったり、ジャンプしたりできるようになりました。

でも、ときどき転びます。
今日は、灘のミュージアムロードを散策しました。
美術館、動物園、児童館、公園と朝から一日一緒にお出かけ。
何度か、転んだけど、私が、叫んだときだけ、泣きました。
見ている大人が大きな声を出すと、それに驚いて泣いてしまうとのこと。
ママから前にも聞いていたのに、つい「あー!」って言っちゃいました。
後で、考えました。
これって大事なことかもしれない。
人生、こけることもある。でもいちいち泣かんでもいい。
失敗に大げさに反応してしまうのは良くないことですね。

動物園のライオンのそばにある桜の木が咲き始めていました。
今日咲いているのを見たのは、この一本だけ。
20170329212728999.jpg
幹の低いところから出た花芽も咲いていたので、お孫ちゃんにもよく見えました。
私は、今年初ソメイヨシノでした。
少し春めいて、公園でおにぎりを食べたりもできました。
20170329214118741.jpg 
パンダのたんたんは、タイヤに座って笹を食べていました。
三寒四温の日が続きます。明日まで 温。そして週末は 寒とか。
花粉症の方はつらい季節。お大事に。

プロフィール

ここぴい

Author:ここぴい
今日はどんな日でしたか?
失敗を数えず、いいことさがそう。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ